ジェダイの帰還(復讐)<特別篇>解説

STAR WARS Episode6: Return of the Jedi <Special Edition>

「ファントム・メナス(エピソード1)」の準備と並行して、3年以上の歳月をかけて「新たなる希望(エピソード4)」(1977)、「帝国の逆襲(エピソード5)」(1980)、「ジェダイの復讐(エピソード6)」(1983)というスター・ウォーズ旧3部作(クラシック・トリロジー)の<特別篇>が製作され、1997年初頭に封切られました。

さらに2004年には旧3部作が初めてDVD化され、その際にも幾つか修正が行われました。

「ジェダイの帰還」はジャバの宮殿とフィナーレのシーンで曲の変更があったことが特に目を引きます。

ここでは細かい変更点を特別篇は青字で、DVD版は赤字で幾つか挙げてみます。

オープニング
20世紀フォックスタイトルバックとルーカスフィルムのロゴを変更。(エピ4と同じ)

20世紀フォックスタイトルルーカスフィルム・ロゴ

ジャバの宮殿での踊りのシーン
曲が"ラプティ・ネック"から"ジェダイ・ロック"へ変更。また曲の始まりには"Do that again."というジャバのセリフも追加。シンガー1人、演奏者2人だったマックス・レボ楽団も十数人に増加。オリジナルでは人形だったサイ・スヌートルズが変わらずシンガーとしてCGで再登場。そしてもう一人CGキャラのジョー・ヤウザを加えて デュエットとなった。またダンサーやバンドメンバーも追加。そしてボバ・フェットが途中で画面を横切ったりリスタールといちゃつく様子も追加。

バンド・メンバーダンサーたち

落ちたウーラの場面
トワイレックのウーラがランコアのところへ落とされた後のシーンを追加。ちなみに、このシーンは特別篇の為の追加撮影だったがオリジナルで演じたフェミ・テイラーが再演。さらに、このときのメイクはオリジナルのと若干違ったため、結果的に2種類のウーラができてしまった。

落ちたウーラ

ランコアの登場
合成の影響でランコアの周りに現れていたマットラインを修正。その他ランコアの合成で半透明になっていた個所を修正。

マットラインの修正ランコアの口

処刑場へ連行されるシーン
タトゥイーンの砂漠にCGのバンサの群れを追加。

バンサの群れ

サルラックの刑のシーン
サルラックはオリジナルでは砂漠にぽっかり空いた穴で内側に刺がついただけだったが、特別篇では穴からくちばしや触手が登場し犠牲者を捕まえるようになる。 また「キーキー」と鳴き声もする。

パワーアップしたサルラック

カークーン戦いの場面
スキッフから落ちかけたソロの足に、絡みつくツタを追加。また、ランド救出のシーンではソロのセリフを "It's all right! Trust me!" から "It's all right! I can see a lot better now!"へ変更。

ソロの足に絡みつくツタ

宇宙でのR2のシーン
ブルーバック撮影に影響が出るために黒くしていた宇宙でのR2の青い部分を元の青色に戻した。(EP5と同じ)

R2-D2

玉座の間の場面
皇帝が座っている玉座の背景の宇宙を細かい星が映っているものに変更。

玉座の間

ルークVSヴェイダー
ルークとヴェイダーのライトセイバーを修正。光刃の白い部分や交差箇所のビジュアル効果を変更。しかし、見方によっては改悪のような気が…。

ルークVSヴェイダー

皇帝がフォースの電撃を放つシーン
皇帝がルークに放つフォースの電撃の色を青から紫へ変更。

ビビビビ・・・・

親子の対面シーン
マスクを取ったヴェイダーの素顔からデジタル技術で黒眉毛を消去。また、瞳の色も灰色へ変更。

 素顔のアナキン

エンドアの戦い
エピ4同様デス・スター爆発のシーンは輪っかがついて派手になり、同盟軍艦隊の数も増加。

爆発するデス・スター2

フィナーレのシーン
ここも音楽を"イウォーク・セレブレーション"から新曲"勝利のセレブレーション"へ変更。オリジナルではエンドアでの反乱軍とイウォークのお祝いのみだったが、特別篇ではモス・アイズリー、 クラウド・シティ、コルサントの民衆の喜ぶ様子を追加。特にコルサントでは皇帝パルパティーン像を倒している様子が分かる。(コルサントは事実上ここで初登場)

モス・アイズリークラウド・シティコルサント

フィナーレのシーン
コルサントの情景に元老院議会とジェダイ聖堂を追加。また、新3部作で登場した惑星ナブーとその住人・グンガン("Wesa free!"というセリフも)を新たに追加。

元老院議会 ジェダイ聖堂 ナブー

ジェダイの霊体登場シーン
ルークを見つめる霊体アナキンを青年アナキンを演じたヘイデン・クリステンセンに変更。(頭部のみの変更で胴体は元のものを一回り縮小)

3人の霊体

エンドクレジット
エンドクレジットに特別篇スタッフを追加。
日本語字幕
日本語字幕も特別篇は林完治氏によってリニューアルされた。ちなみにセルビデオ版の字幕も林氏だか劇場版とは微妙に違う。(エピ4と同じ)
日本語字幕
基本は特別篇のものだが河原一久氏が字幕監修者として若干の修正を加えた。
日本語版副題
今までオリジナル・特別篇共に日本語版の副題は「ジェダイの復讐」であったが、2004年9月のDVD発売を機に原題"Return of the Jedi"を直訳した本来の意味である「ジェダイの帰還」に変更。

ジェダイの帰還

これらの変更点の指摘情報の一部は【MURA-P ISLaND】より引用させてもらいました。ありがとうございました。

ホームへ


Last Update 2007/10/27

スターウォーズでナイト!

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー