エピソード3ラスト予想

EP3予想第二弾としてラストのシーンを予想します。微妙にネタばれを含んでいる可能性があるので注意してください。

但し、予想したのはだいぶ前なので、現時点で判明していることと食い違う場合もあります。

1.共通事項

これまでの映画のラストからいくつかの共通した特徴を見つけることができる。

つまり、これをEP3の状況に当てはめてみると

と、予想が立てられる。

2.EP6との共通性

これまでの映画のラストを見れば明らかなように、EP1-EP4、EP2-EP5とラストに共通性が高いことが分かる。ここから、EP3のラストはEP6に特に似ているのではないかと考えられる。 そこでまず、EP6ラストの特徴を見直してみる。

場所 衛星エンドア
状況 勝利のお祝い
登場人物 主人公らとその周りで踊るイウォーク

これをEP3の状況に当てはめてみると

場所 初登場の惑星
状況 お祝いのシーン
登場人物 主人公らとその周りの人々

となる。これより上記の点をもう少し詳しく考察してみる。

3.場所について

EP6から推察するに場所は初登場の惑星の可能性があるので具体的には分からない。帝国の首都となるコルサントでないことは確実であると思われる。

4.状況について

帝国誕生やジェダイの崩壊など予想される話の展開からしてもEP3ラストが同盟軍による単純な「お祝い」シーンになるとは考えづらい。 そこで、逆に同盟軍結成のお祝い、つまり帝国に対して決起を固めるシーンになると考えられる。 また、ルークがオーウェンに預けられるシーンは描かれないと考えられる。これは、ラストにルークとオビ=ワンが欠けると登場人物が中途半端になるためである。

5.登場人物 6.最終シーン

EP6の最終シーンは正面を向いて喜ぶ主人公らとその周りで踊るイウォークであった。ここから考えると、正面を向いて決意を固める主人公らと周りを取り巻く 同盟軍兵士という構図になると思われる。

7.おまけ

ラストではないがその直前のシーンもEP6から考察してみようと思う。しかしながらここまで韻を踏む可能性はそう高くはないであろう。

8.流れ(結果)

これまでの考察からラスト(付近)のシーンをまとめてみる。

遂に秘密裏に建設中であったデス・スターが完成した。帝国はデス・スターを恐怖政治の象徴とし、各地でストーム・トルーパーが民衆を厳しく支配している。 一方その頃、旧共和国体制を支持する集団がある惑星で一人の人間の死を悼んでいた。かつて惑星ナブーの女王として国民を救い、また軍隊創設反対派のリーダーとして 活躍したパドメ・アミダラの葬儀が行われているのだ。今、銀河は彼女の努力も虚しく組織された軍隊によって独裁政治が行われている。 この状況を打破すべく、数人の元老院議員は、正義と平和のために立ち上がることを決意した。その傍らには生き残りのジェダイ騎士オビ=ワンが、そしてパドメの遺児ルークとレイアの姿が。 R2と3POが心配そうに見守る中、銀河はまさに混沌とした暗黒の時代に差し掛かっていた・・・・。

と、こんな感じであろうか?

公文書館へ

ホームへ


広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー